二日酔い 予防 サプリ

二日酔いにならない予防はサプリで万全

二日酔い予防のサプリを探していますか?

 

二日酔い予防サプリ

二日酔いで辛いときに、誰もがお世話になったことがあるのがウコンではないのでしょうか?

 

ウコンという名前が付いている商品もたくさん出ていますし、ウコンが肝臓に良いと言うことは誰もが知っています。

 

肝臓の働きが良くないと、アルコールを分解できず体内に残ったままになり、翌日は二日酔いになる原因です!

 

 

だから、ウコンを飲んで肝臓に元気を与えるわけですが、一定量を超えると二日酔い予防で飲んだウコンの効果が半減してしまいます(;・∀・)

 

というよりもウコンを飲めば、お酒に酔わなくなるなどの誤った認識が広まっていますが、実際には気休め程度の効果しか期待できないのですね。

 

だったらどうすれば、なんて考えてしまいますよね?

 

 

実はウコンよりも格段に肝臓を活性化させてくれる医薬部外品で、ウルソって成分があります。

 

このウルソの正式名称は、『ウルソデオキシコール酸』ってと長く覚えるのが大変な名前ですので、略してウルソと呼ばれています。

 

二日酔い予防はこのウルソ配合サプリで軽減させたり、二日酔いになってしまってもウルソで肝臓を活発にすることで元気になれます。

 

ウルソ配合サプリはコチラ

↓  ↓  ↓

15815

 

 

 

ウルソは厚生省が認めた安全性の高い成分

二日酔い予防サプリ教授

厚生省から安全性が認められる前までは医薬品として取り扱われていたくらい効果が高いものなんです。

 

このウルソとウコンは相性がとてもよく、同時に摂取することで二日酔いに効くと金沢大学の名誉教授太田富久氏からもお墨付きをもらっています。

 

 

 

ウコンをメインにしたドリンクやサプリメントを飲むりも、ウルソが入ったものになると格段に二日酔いには効果的だということです。

 

だからお酒を飲む前に、このウルソを摂取することで二日酔いや悪酔いになりにくいという結果も出ています。

 

 

私はお酒が強くないので、二日酔いになるまで飲むことができませんが、許容範囲を超えると吐き気を起こしていました。

 

 

アルコールを分解しにくい体質は『どうしようもなりません』

 

な〜んて思っていました。

 

 

それがウルソ配合のサプリメントを、二日酔い予防で飲酒前に飲んでからお酒を飲むと、今までのように吐き気を起こさないようになりました。

 

普段から肝臓が活発に働いていないのでしょうね?

 

顔が赤くなりやすいのは、肝臓でアルコールがを分解する能力が低いのかもしれません。

 

 

 

二日酔い予防サプリ『レバウルフ』に含まれる有効成分

  • ウルソ
  • ウコン
  • 高麗人参
  • 生姜
  • センブリ

が主成分となっています。

 

すべてが肝臓を働かせる有効な成分ばかりでできているので、アルコールを分解して体を楽にしてくれます。

 

一つ一つ成分にどのような効果があるのか説明します。

ウルソ

二日酔い予防サプリウルソ
正式名称は『ウルソデオキシコール酸』と呼び昔までは医薬品扱いされているくらい、アルコール分解には効果が高い成分です。

 

肝機能を向上させる働きにより、脂質の消化吸収を助けたり、消化酵素を活性化させる胆汁を分泌させます。

 

アルコールを分解させる成分としては、ウコンなどが有名ですが群を抜いて効果が高い成分がウルソなんです。

 

 

 

ウコン

二日酔い予防サプリウコン
日本では、二日酔いには「ウコン」っていうくらい有名な成分です。
この二日酔いに飲むウコンには、ポリフェノールの一種でクルクミンって成分が含まれています。

 

クルクミンのポリフェノールには、肝臓を保護する抗酸化作用があることで、脂質代謝や解毒を活性化しアルコールによる肝障害の抑制が期待できます。

 

これらの理由から製薬会社が肝臓疲れにはウコン広告したことで、お酒を飲む前にウコンを飲むって意識がついてきたみたいですよ。

 

 

 

高麗人参

二日酔い予防サプリ人参
高麗人参には「コリン」「ベータ・シトステロール」という成分が含まれています。

 

これらの成分が血行促進や肝臓のタンパク合成能力を高めるのでアルコール分解能力が上がります。

 

 

 

生姜

二日酔い予防サプリ生姜
生姜にある利尿作用や発汗作用で、アルコールを体外に排出させます。

 

また、吐き気を緩和さえる効果も持ち合わせています。

 

 

 

 

お酒を飲む前にレバウルフは飲む

悪酔いしないようにするためには、空腹でアルコールを飲まないことです。

 

わかってはいるけど、食事をする時間なかったり、飲みの席について何か食べようとしても、いきなり飲まされてしまうなんてこともよくある話です。

 

だから、そのような場所に入る30分前にレバウルフを飲んでおくことで、肝臓の胆汁酸の分泌を増やすから、空腹で飲んだときよりもアルコールの吸収が抑えらるようになります。

 

できれば、お酒の飲み終わりにできるだけ多くのお水を飲んで、胃の中を薄めてあげることも大切です。

 

 

翌日、二日酔いになっていたとしても再度レバウルフを飲むことで、短時間でスッキリとします。

 

間違えてほしくないのは、レバウルフを飲んでも酔わないようになる訳ではありません。

 

アルコールの分解を手助けしてくれるので酔い方を軽減できるということです。

 

 

翌日にお酒が残っていなければ、飲む必要もないので大量に飲まなければいけないようなときにだけ、飲むようにしてもいいですよ。

 

 

レバウルフの購入方法は?

ウルソ配合のお薬は薬局でも入手できますが、ウコンドリンクのように手軽さがないものが多いです。

 

一般医薬品扱いで取り扱っているので、二日酔いなどのアルコール解毒薬として売られています。

 

 

そこでおすすめなのが、医薬部外品扱いで気軽に飲めるのが、ウルソを配合したサプリメントなんです。

 

定価が5600円(税別)しますが、毎朝バッチリ定期コースで購入すると初回価格は1,980円(税別)です。

 

1包に3錠入ったものが、14包入っているので、計42錠。

 

一回あたり141円で二日酔いが軽減できると考えると、とてもリーズナブルです。

 

 

2回目以降は、毎回15%OFFの4,760円(税別)で届けてくれます。

 

この割引価格は、3回は続けて購入するこで、適応される条件となっています。

 

 

途中解約した場合には、割引価格が適用されませんので、一回買ってみたいって考えなら定期コースではなく通常価格の5,600円(税別)で購入してください。

 

 

申し込みはコチラ

↓  ↓  ↓

 

 

 

 

 

二日酔いをしないための質問

サウナや長風呂で汗をかいてアルコールを抜く

これは最も危険な行為のため行わないようにしてください。
汗をかくことで血液中にまわっているアルコールは体外へ出ていくのは事実です。

 

しかし、肝臓がアルコールを分解するには大量の水分が必要で、汗で水分を出してしまうとアルコールの分解機能を妨げます。
アルコールを飲むと喉が渇くのもそのためです。

 

 

乳製品を飲んだり食べたりすると胃に膜を張り悪酔いしない

これは明らかなウソとではありませんが、胃に膜が張るということは一切ありません。
乳製品はタンパク質でできています。

 

タンパク質は肝臓の働きを活性化させる効果があるので、アルコールを分解しやすくなります。

 

タンパク質のチーズ・枝豆などがおつまみとして出されるのにはそれなりの理由もあって、お通しで出されていることが多いのです。

 

 

二日酔いになったら、一番スッキリするのは迎え酒でしょ?

確かにスッキリするかもしれませんが、前日のアルコールの分解を遅らすだけです。
そもそも、血液中に分解されていないアルコールが残っているから、二日酔いになってるのです。

 

アルコールが体内に残っている状態で、迎え酒をすると更に酔いがまわり、感覚がマヒされた状態になりスッキリしたように感じられるだけで、根本的な解決にはなりません。

 

更新履歴
page top